散財の心理学。外向的で収入が低い人ほど浪費しやすい!?

この世の中には、

  1. お金があったらあるだけ使ってしまう人
  2. お金があっても無駄使いせずに貯金・投資する人

がいます。

 

この違いは何なのでしょうか?

様々な研究によって、散財・浪費しやすい性格があるということが分かりました。

結論からいうと、見栄っ張りで外向的なリア充」ほど散財しやすいです。

 

自分が浪費して破産しやすいかどうかは「ビッグファイブ」という科学的に最も信憑性が高い性格診断テストで分かります。

ビッグファイブにに関して詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください

これが霊感の正体!?ビッグファイブの「神経症的傾向」の強さが原因

 

この記事では、それを明らかにした研究の内容、なぜ外向的な人は散財しやすいのか、内向的な人はどうなのか、といった内容をご紹介します。

 

 

散財の心理学。外向的で収入が低い人ほど浪費しやすい!?

見栄っ張りで外向的で収入が低い人ほど、浪費しやすく破産になりやすいです。

これはロンドン大学で行われた研究によって明らかになりました。

ロンドン大学で718人の男女を対象に、参加者全員の収入・貯金・借金などを調べた上で、12か月間にわたってどういう風にお金を使っているのかを調査しました。

そして、オンライン上で第三者がそのお金の使い方をどう思うかをランク1~5で採点してもらいました。

ランク1が堅実なお金の使い方

→実用品、特売品、生活費、水道光熱費など

ランク5が見栄っ張りで無駄な浪費

→豪華な海外旅行、絵画やゴルフの会員権、豪華なパーティなど

 

その結果、見栄っ張りで外向的で収入が低い人ほど、ランク5の消費が多かったのです。

 

 

なぜ見栄っ張りで外向的な人は散財しやすいの?

お金持ちで外向的な人は気前よく奢りますし、内向的な人もお金を持っていたら、奢ることもあるはずです。

ただ、どちらの場合もお金がなくなれば奢らなくなり、節約します。

しかし、見栄っ張りで外向的な人(特に自分に自信がない人)は違います。

このタイプの人は前まで気前よく奢っていたのに、奢らなくなったら

  • 今までの気前の良いキャラを守りたい
  • 周りから相手にされなくなるんじゃないか?
  • 嫌われるんじゃないか?

と考えてしまい、多少無理をしてでも今まで通りに、むしろ今まで以上に気前の良いところを見せて「まだ自分はイケるぜ!」ってところをアピールしてしまう傾向があります。

 

外向的な人と内向的な人の違い

  • 外向的で収入が低い人ほど贅沢品に手を出す
  • 内向的で収入が低い人は贅沢品に手を出さない

この傾向は収入や借金を調整しても変わりませんでした。

 

その理由は「外向的な人と内向的な人では、貧しさを埋め合わせるための方法が違う」からです。

 

内向的な人

貧しさを埋め合わせるために節約をしたり、ひたすら何かに打ち込んだりすることで自分の心を埋め合わせようとします。

外向的な人

貧しさを見栄で埋め合わせようとします。

 

そもそも、外向的‐内向的というのは、興味が内を向いているか、外に向いているかです。

内向的な人は自分の内側に興味があるので、見栄や他人からどう見られているのかはあまり気にしないのです。

一方、外向的な人は自分の外側に興味があるので、見栄や他人からどう見られるかが重要なのです。

 

 

まとめ

お金がなくなったときの行動にその人の性格が色濃く表れる」と言われています。

もし、あなたが外向的で「自分ってちょっと見栄っ張りなところがあるんだよな。」と自覚している方は浪費にご注意ください!

 

ビッグファイブはメンタリストDaiGoさんが監修している「超性格分析」というアプリを使えば無料で出来るので、是非やってみてください。

 

あわせて読みたい

「損」のインパクトは「得」の2倍以上!?プロスペクト理論とは

トップ2.5%の金持ちに共通する価値観と性格。嫌儲バイアスをなくそう!

参考

▼このブログを応援する▼
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です