感情はアウトプットすることのメリットを解説します。

心理学者のリメイら(Rime et al.1998)によると、「人はポジティブであれ、ネガティブであれ、大半の感情経験をそれが生じたすぐあとに他人に話す」そうです。

リメイらは、感情を他人に話す行動を「感情の社会的共有」と呼び、人に不可欠なものであると考えました。

僕たちはどうやら自分の感情を他人に話したいという基本的な欲求を持っているようです。

感情を話すということは日常的な場面だけではなく、宗教的な場面でもみられます。

よく、映画などで、罪を犯してしまった人が教会の小さい個室みたいなところに入って、格子越しにで自らの経験や罪を牧師さんに告白する場面がありますよね?

このように、自分の感情を他人に話すという行為が、基本的な欲求や生活の一部として備わっていると考えると、そこには何らかのメリットがあるのではないかと想像できます。

 

目次

・感情を話すメリット3つ

・感情を書くメリット3つ

感情を話すメリット3つ

① 互いの感情を共有することで、集団内の相互理解が促進され、絆も深まる。

② 感情を共有することで、模倣学習のための情報源となる。

→模倣学習とは、「人の振り見て、我が振り直せ」とあるように、自分が直接、経験したことではないが、観察や伝聞によって、学習することです。

③ 他人に感情を話すことで、頭の中で混乱していた経験が整理され、自己理解につながる。

 

感情を書くメリット3つ

「感情を書く」、日記を書くとかツイートするとかですね。

① そのときの気分や気持ちを言葉にして整理する機能(現在)

② 書いたものを後日、読み返して、その時の気持ちを再体験する(過去)

③ 現在の気持ちや考えを整理することで、将来の行動や目標を明確にする(未来)

このように「感情を書く」ことは、過去・現在・未来にわたって、自分を明確に形づけるのに役立ちます。

 

「感情を話す」ことは、集団内の絆が深まることや情報の共有、自己理解などのメリットがありますが、すべてを他人に話すことにはけっこうな勇気が必要です。

特に過去のトラウマティックな経験やストレスフルな経験などは親しい人にもなかなか話しずらいものです。

そういった経験は精神的に悪影響を及ぼすと考えられますが、ペネベーカー(Pennebaker 1989)は、経験そのものが心身の健康に影響を及ぼすのではなく、その経験によって生じた感情を他人に開示することを抑えることが心身の健康を悪化させると考えました。

つまり、トラウマティックな経験でも話すなり、書くなり、アウトプットすると、心身への影響を軽減することが出来るということですね。

 

ペネベーカーはそれを証明するために次のようなトラウマ開示実験を行いました。

被験者に過去のトラウマティックな経験に関する、心の奥底にある感情や思考を1人きりで1日15~30分間、紙に筆記するという作業を3,4日間続けてもらい、筆記前後の健康指標の変化を測定しました。

その結果、短期的には筆記によって、精神的な動揺などのネガティブな反応が見受けられましたが、長期的には医療機関の受診率が減るという結果が得られました。

その後も現在に至るまでに多くの筆記開示研究がおこなわれ、それらの研究を総合したメタ分析を行った論文もいくつか発表されました。

※メタ分析とは、ある分野について書かれた論文を何個も集めてそれらを検証するというかなり信憑性の高い論文です。

 

その結果、残念ながら、あらゆる人に筆記開示が有効という訳ではないということがわかりましたが、統計的には筆記開示によって、健康指標が向上するということも分かっています。

 

感情を自分の中だけで溜め込んでおくことは、本人に自覚がなくても、ストレスになっていることがあります。

つまり、感情はアウトプットすると良いよって話ですね。

 

あわせて読みたい

感情はどこから生まれるの?感情を生み出す脳の部位について解説

感情とはそもそも何?感情の定義や種類、獲得した背景を解説!

感情はアウトプットすることのメリットを解説します。

感情知能(EQ)とは?心の知能指数を高める方法を解説します。

参考文献

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です