血液型の性格診断はどうやって生まれたのか?信憑性はあるの?

 

日本では古くから、

  • A型は几帳面
  • B型はマイペース
  • O型はおおらか
  • AB型は天才肌

といった血液型によって、性格が異なるという血液型性格診断が広く浸透しています。

 

この記事では、どのような経緯で血液型性格診断が生まれたのか、そして、血液型性格診断は本当に信憑性があるのかを解説していきます。

 

 

血液型の性格診断はどうやって生まれたのか?

血液型による性格診断は、昭和初期に教育学者の古川竹二さんによって生み出されました。

古川竹二さんは身近な人を観察していて、あることに気が付きました。

 

古川竹二さん
あれっ?同じ血液型の人は同じような性格じゃないか?

 

古川竹二さんはそんな着想を得て、『血液型と気質』という本を出版しました。

それが、血液型の性格診断のはじまりです。

 

日本人の間に浸透した理由

『血液型と気質』は話題となり、当時の軍隊で「お前はA型で几帳面だからここの部隊だ」「君はO型でおおらかだからそっちの部隊だな」などと兵の配置に利用したり、学校教育などでも利用されました。

その後、一旦、血液型による性格診断は下火になってきました。

しかし、1970年頃にメディアで取り上げられて、日本人の間に広く浸透したのです。

 

ちなみに、血液型の性格診断が浸透しているのは、日本と韓国くらいのもんです。

欧米諸国などでは、自分の血液型さえ知らない人もいます。

 

血液型性格診断の信憑性

ハッキリ言って、血液型と性格には全く関係がありません。

血液型による性格診断は発表された当初から、心理学者たちの批判を受けてきましたが、そのことは公にはありませんでした。

 

しかも、今なお血液型の性格診断を信じている人が多くいます。

 

でも、割と血液型占いって当たるけどな。

 

そう。

けっこう血液型占いって当たります。

 

しかし、それにはカラクリがあります。

そのカラクリとは「自己充足予言」です。

 

自ら実現させる!?自己充足予言とは?

人は無意識のうちに、その人が期待されている通りに行動してしまうという傾向(自己充足予言)があります。

 

つまり、A型の人は世間一般では「几帳面」と思われているので、几帳面であるかのように振る舞い、B型の人はマイペースであるかのように振舞ってしまうです。

 

そのため、周りの人たちは、

 

あ~やっぱり血液型性格診断は正しいんだな。

 

と考えてしまうのです。

 

まとめ

血液型によって病気のなりやすさは違いますが、性格が違うという根拠はまったくありません!

 

だから、もし「私、A型だからB型のあの人が気になるけど、性格合わないかも」なんて気にする必要はありません。

 

「朝食は食べなきゃダメ!」とかもそうですが、情報が溢れている世の中で何が正しくて、何が間違っているのかを見極める目、そして思考を養うことが非常に大切な時代です。

 

あわせて読みたい

内気な性格の人の強み!無理して外向的にならなくて大丈夫!

これが霊感の正体!?ビッグファイブの「神経症的傾向」の強さが原因

ひとりが好きな人の性格的な特徴!まともな人ほど、ぼっちになる!?

ユーモア欠乏症の人に合わせなくて良い!ユーモラスな人の意外な強みとは?

何をやっても無駄だ…「学習性無力感」とは?プロセスや症状、克服法を解説

参考文献

 

ブログ村のランキングに参加してます。

下のバナーを押して、応援してくれるととても嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です