正しいクリスマスプレゼントを選ぶコツ。そもそも何でプレゼントを贈るの?

 

一年を締めくくる一大イベントでクリスマス。

プレゼント交換やケーキ、クリスマスツリーなど、楽しいことが一杯です。

ただ、付きまとってくる一つの問題が「プレゼントを何にするか?」です。

もしも、プレゼント選びに失敗してしまうと、口では「わぁ~ありがとう!」とは言ってくれるものの、本心では「うわっいらねぇ。」と思われ、一年に一度のクリスマスを目一杯楽しめなくなってしまいます。

 

この記事では、あなたのクリスマスをより良くするために、何年にもわたる心理学的研究に基づいた「正しいクリスマスプレゼントを選ぶコツ」をご紹介します。

 

そもそも何でプレゼントを贈るの?

贈り物に関する心理学によると、誰かにプレゼントを贈るのには2つの意味があります。

1つ目は、受け取る人を喜ばせるためです。

これはあなたが何をプレゼントするかによりますね。

 

2つ目は、贈る人と受け取る人の人間関係を良好にするためです。

プレゼントを贈る人は「どれだけ受け取る人のことを知っているか(趣味や好みなど)」を受け取る人に示すチャンスです。

プレゼントは人間関係を良くも悪くもする

Image by Bruno /Germany from Pixabay

プレゼントをすれば何でも良いってわけではありません。

贈るものによっては、人間関係を良くも悪くもします。

 

1999年に129人を対象とした「プレゼントが贈り手‐受け取り手の人間関係に与える影響」を調査した研究(Julie,Cele,Frederic, 1999)では、10人がプレゼントによって関係が悪くなり、そのうちの2人は関係が終わってしまいました。

プレゼントは慎重に選んだ方が良さそう...

正しいクリスマスプレゼントを選ぶコツ

受け取る人に喜ばれるプレゼントは以下の2つの条件がそろっています。

  1. 受け取る人が欲しいもの
  2. 贈る人の気持ちがこもっているもの(=贈る人が一生懸命選んだと伝わること)

①か②のどちらかだけでも嬉しいことは嬉しいですが、最高なのは両方の条件がそろったものですよね。

 

copy right@How to choose the right Christmas gift: tips from psychological research

たとえば、この記事の参考となっている「How to choose the right Christmas gift:tips from psychological research」という記事の著者自身の「欲しいもの」「気持ちがこもっているもの」関係は上記のようになっているそうです。

  • 欲しいもの(desired)かつ 気持ちがこもっているもの(thoughtful)=ジョークが描かれたカスタムT-シャツ
  • 欲しいものだが、気持ちがこもっていないもの(unthoughtful)=お金
  • あまり嬉しくない(undesired)だが、気持ちはこもっているもの=星に名前を付けてくれること
  • 欲しくないし、気持ちもこもっていないもの=くつ下

 

高価なプレゼントは喜ばれるの?

プレゼントを贈る人は「より高価なプレゼントほど、気持ちがこもっていると思われる」と考える傾向があります。

しかし、実際はそうでもありません。

プレゼントを受け取る人は高価なプレゼントもそんなに高価ではないプレゼントでも同じように喜んでくれます。

 

というか、高価さよりもより身近で便利なものの方が喜ばれる場合もあります。

たとえば、家から離れた高級レストランのお食事券よりも、近所にある普通のレストランのお食事券の方が良いといった場合です。

もちろん、人にもよると思いますが、わざわざ遠くまで出向いて食事をするよりも、近くのレストランでお酒を飲んで徒歩で帰るくらい気軽な方が良いという人も多いと思います。

人間関係を良くしたいなら、プレゼントは「物より思い出」

もしあなたが綺麗な包装紙に包んだプレゼントを贈りたいけど、何にしたら良いのか分からないという場合に無難なのは、

  • 実用的で、受け取る人用に少しアレンジされたもの(万年筆にイニシャルを入れるなど)
  • メッセージを添えたギフトカード

などでしょう。

あなたが物であることにこだわらず、人間関係をより良好にしたいと望むなら、“経験”を贈るのが良いです。

 

プレゼントとして物と経験のどちらを贈った方がより人間関係を良好にするかを調べた2016年の研究(Cindy ,Cassie, 2016)では、友人に15ドル相当の物か経験を贈ってもらいどちらが喜ばれたか調査しました。

15ドル相当の物は服飾などで、15ドル相当の経験は映画チケットなどです。

その結果、物よりも経験を受け取った人の方がより人間関係が良好になっていたのです。

最後に

極論を言うと、プレゼントにお金を費やさなくても喜ばれます。

18歳~80歳の117人を対象にクリスマス時期の満足感・ストレスと消費行動・経験に関する質問をした研究(Tim, Kennon, 2002)によると、お金を使った物や経験よりも、家族で過ごす時間の方が幸せだと報告されました。(欧米では、クリスマスをカップルで過ごすよりも家族で過ごすことの方が多い)

 

もうすぐクリスマスだけど、プレゼントを買うお金がない

と悩んでいるなら、飲み物とケンタッキーだけ買って、家でゆっくり2人でおしゃべりしてお互いのことを知るクリスマスも悪くないんじゃないでしょうか?

 

【あわせて読みたい】

草食系男子が増えた進化心理学的な理由。草食化はモテるための手段!?

【SNSの心理学】炎上・誹謗中傷の原因「スケープゴート現象」とは?

 

【BlogPickerオススメ記事】

 

【引用文献】

How to choose the right Christmas gift : tips from psychological research

【参考文献】

Cindy chan, Cassie Mongilner(2016)Experiential Gifts Foster Stronger Social Relationships Than Material Gifts Journal of Consumer Research, Volume 43, Issue 6,Pages 913–931

Julie A. Ruth, Cele C. Otnes, Frederic F. Brunel (1999)Gift Receipt and the Reformulation of interpersonal Relationships Journal of Consumer Research, Volume 25, Issue 4,Pages 385–402

Tim Kasser, Kennon M, Sheldon(2002) What makes for s Merry Christmas ? Journal of Happiness Studies volume 3, pages313–329

 

▼このブログを応援する▼

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です