【ヤバい睡眠習慣】明かりをつけたま寝ると33%太りやすくなる

 

マインドパレッサー
あなたは寝るときに明かりをつけたまま寝ますか?それとも消して寝ますか?

 

それによって、太りやすさが大きく変わります!

 

もしあなたに明かりをつけたまま寝る習慣があり、

なかなか体重落ちないわ

と悩んでいるなら、この記事は参考になると思います。

 

【睡眠に関する他の記事はこちら】

睡眠の5つの役割とは?寝ている間カラダに何が起きているのか?

睡眠不足でネガティブになりやすくなる!?急性不眠と慢性不眠とは?

 

 

【ヤバい睡眠習慣】明かりをつけたま寝ると33%太りやすくなる

コロンビア大学などが、35~74歳の女性43,722人を5.7年もの間、彼女たちの睡眠の習慣について追跡調査しました。

マインドパレッサー
追跡調査の研究を見ると毎回思いますが、研究者の方々は本当に大変ですよね。途方もなく時間がかかるってのもありますが、調査している期間中に被験者が失踪したり、不幸があったりしたら、それまで集めたデータも水の泡ですもんね。

 

研究者は彼女たちに「いつもどんな環境で寝ていますか?」と尋ねたところ、

  1. 寝室の電気をつけたまま寝る人(約17,000人)
  2. 小さな光の中で寝る人(約13,000人)
  3. 寝室のテレビをつけっぱなしで寝る人(約5,000人)
  4. まったく光のない部屋で寝る人(約7000人)

という内訳になったそうです。

 

マインドパレッサー
アメリカ人の女性は寝るときに明かりをつけたままの方が結構いるんですね。

 

これらの睡眠習慣と彼女たちの肥満率を調べたところ、興味深いことが明らかになりました。

 

なんと、寝るときに電気やテレビをつけている人は真っ暗の中で寝ている人に比べて、33%も肥満になりやすかったのです!

 

明かりをつけて寝ると太りやすくなる理由

興味深いことにこれは睡眠時間が足りていようがいまいが、明るい中で寝る人は肥満になりやすくなっていました。

  1. 徹夜をすると食欲が暴走する
  2. 睡眠不足の人は太りやすい

などは聞いたことがある人も多いと思います。

 

でも、十分に睡眠時間がとれていても、寝るときに明かりをつけていると太りやすくなるというのは驚きですよね。

 

この理由について研究者はこのように答えてます。

人類は遺伝的に自然環境の光に適応して進化してきた。

日中には光が差し、夜間には暗闇になるのが自然だ。

夜間の人工光は、おそらくホルモンの分泌を乱し、肥満のような健康リスクを上げるのかもしれない。

引用:パレオな男「光を点けっぱなしの部屋で寝ると33%も太りやすくなるぞ!という観察研究の話

最後に

  • 明るい部屋で寝るとメンタルを病む
  • 睡眠の質を上げるなら部屋は真っ暗にした方が良い!

とも言われているので、僕たち人間にとっては真っ暗の中で寝るのが一番ということですね!

 

研究者が夜間の人工光が人間に良くない理由について人間の進化に触れていましたが、実は僕たちの抱える悩みの大半は人間の進化と関係しています!

▼こちらの記事もあわせてご覧ください▼

人間が直立二足歩行になった理由と問題。なぜ人類は立ち上がったのか

人間関係の悩み・生活習慣病は人類の進化と環境のミスマッチが原因

 

この記事はメンタリストDaigoさんが日本一尊敬していることでも有名な鈴木祐さんが書いている「パレオな男」というブログを参考にしました。

鈴木祐さんは年間に国内外の論文を5000本以上も読むすごい人で、健康・心理・アンチエイジングなどについて最新の研究を紹介してくれます。

 

鈴木祐さんが執筆した「最高の体調」では、人間の進化と人間の抱える悩みの関係について、本当に分かりやすく教えてくれました。

健康志向の方は読んだ方が身のためだと思います。

 

【BlogPickerオススメ記事】

 

▼このブログを応援する▼

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です