引き寄せの法則が脳に及ぼす影響!目の前の現実を変える方法とは?

 

あなたは「引き寄せの法則」を信じていますか?

 

引き寄せの法則は「欲しいものや成りたい自分を思い描くだけで、実現の可能性が高まる」という法則です。

 

引き寄せの法則のルーツは2006年にロンダ・バーンによって書かれた『The Secret』という自己啓発書にあります。

 

この本では、ポジティブな姿勢で思考を変えることで、現実を変えることを目指すポジティブシンキングを推奨してます。

 

しかし、この記事を読んでいるあなたは薄々気づいているはず。

欲しいものや理想を思い描いているだけでは、実現できないことに。

 

この記事では、引き寄せの法則が脳に及ぼす影響と現実を本当に変えるにはどうすれば良いのかということについて解説していきます。

 

 

引き寄せの法則が脳に及ぼす影響とは?

結論から言うと、引き寄せの法則は欲しいもの、成りたい自分を手に入れられないばかりか、目標から遠ざかってしまいます。

 

というのも、人間の脳は幻想と現実を見分けるのが苦手なのです。

 

マインドパレッサー
幻想と現実を見分けるのが苦手だから、サスペンス映画を観てハラハラドキドキしたり、恋愛映画を観て胸キュンする訳です。

 

気分は良くなるが活力がなくなる

人の脳は何か夢を思い描くと、

 

もう夢が叶ったな

 

と勘違いしてしまうので、「よし!やってやるぞ!」という気持ちが薄れてしまいます。

 

そのため、気持ち的にリラックスしてしまい、目標を達成するための活力・モチベーションなどが失われてしまうのです。

 

ある実験では、ダイエット後のスリムな身体を思い描いた女性は、ネガティブなボディイメージを思い浮かべた女性よりも、体重の減少が10kgほど少ないという結果になりました。

 

そもそも、どうして人は理想を思い描くんだろう?

 

マインドパレッサー
それは理想を思い描いている間は、お酒を飲んだ時と同じように気分が良くなるからです。

 

理想を思い描いているときは精神的にも安定して、良い気分になります。

しかし、現実に戻った時に、さまざまな障害があることに打ちひしがれて、気分が落ち込んでしまうのです。

 

目の前の現実を変える方法とは?

 

 

理想を思い描くことの問題を散々言いましたが、それ自体は別に問題ありません。

 

問題なのは、理想を思い描くだけで何も行動しないことです

 

そこでここからは具体的に行動につなげる方法をご紹介します。

 

アメリカ陸軍特殊部隊も使う「If-Then プランニング」とは?

行動につなげる方法、その名も「If-Then プランニング」です。

これは「もし〇〇が起きたら、~をして対処しよう」と考えておくというものです。

 

えっそんなこと?

 

と思うかもしれません。

 

しかし、あなどるなかれ。

 

ニューヨーク大学の心理学者、ピーター・ゴルヴィツァーとヴェロニカ・ブランドスタッターの研究によると、目標を達成するための行動をいつ・どこで・どのように取るかを計画しているだけで、目標を達成できる確率が40%上がったのです。

 

アメリカ陸軍特殊部隊でも、If-Then プランニングを利用しています。

 

彼らはあらゆる任務の前に、考えられる障害を想定し、対策を練ります。

例えば、「移動中にヘリコプターが攻撃されたら○○する、敵の数が上回っていたら~する」といった具合に。

 

If-Then プランニングを取り入れると、目標を達成できる確率が上がります。

 

If-Then プランニングの4ステップ
  1. 自分の願いや目標をイメージする
  2. 目標を具体的に思い描く
  3. 目標達成に立ちはだかる障害にはどんなものがあるか考える
  4. 障害にぶつかったときの対処方法を考える

 

例えば、

  1. 英語が話せるようになりたい
  2. 海外旅行などで困らないくらいの英会話力を身に付けたい
  3. 自分のリスニング力が壊滅的で、相手が何を言っているのか分からない
  4. リスニング力を身に付けるために、空いた時間にPodcastの『バイリンガルニュース』を聞く習慣を付けよう

といった感じですね。

 

まとめ

「If-thenプランニング」は「引き寄せの法則」と違って、ただ理想を思い描くだけではなく、実際に行動につなげることが出来ます。

 

いくら頭の中で理想を思い描いたって、行動を起こさなければ、現実は一切変わりません。

 

もし何か叶えたい夢、目標があるなら、頭の中で考えるだけではなく、具体的にイメージして、目標達成には何が今の自分に足りないのか、足りないものを補うにはどうしたらいいのか、具体的に考えてみましょう。

 

あわせて読みたい

信憑性の高い情報ランキング「エビデンスレベル」とは?専門家個人の意見は...

【うわさの心理学】広まりやすい「うわさ」とは?うわさをする意味とは?

何をやっても無駄だ…「学習性無力感」とは?プロセスや症状、克服法を解説

英語学習者がハマるポッドキャスト。バイリンガルニュースが最高な理由

参考文献

▼このブログを応援する▼

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です