死ぬ瞬間の5つの後悔。後悔しない生き方をするにはどうすれば良いか?

 

人は何かを失って初めてそのことの大切さに気が付きます。

病気になって初めて”健康”の大切さに気付いたり、家族・友人と離れて初めてそのありがたさに気付いたり。

 

それでは、人は死ぬ直前に何を思うのでしょうか?

もしそれが分かれば、後悔しない生き方が出来るのではないでしょうか。

 

オーストラリア人のブロニー・ウェアさんは長年緩和ケアをして多くの人を看取ってきました。

その中で彼女が聞いてきた、「死ぬ瞬間の5つの後悔」をご紹介します。

 

 

後悔1「自分に正直な人生を生きればよかった」

あなたには人生をかけてやりたいことがありますか?

 

そして、やりたいことがあっても

「家族を養っていかないといけないから諦めるほか仕方がない」

「今は時間がないから」

と諦めていませんか?

 

それらは本当に両立ができないものなのでしょうか?

 

もし人生をかけてやりたいことがあるなら、やってみるべきです!

やって失敗しても、やらないよりは後悔しないです。

 

後悔2「働きすぎなければよかった」

あなたは物質的な豊かさを求め過ぎてはいませんか?

 

ブランド物のバック

高級腕時計

高級車 etc

これらを手に入れたら、あなたは本当に心の底から満たされるのでしょうか?

 

より良い暮らしを求めるのは当然です。

でも、そのために働きすぎて、大切な人たちと過ごす時間を犠牲にしてはいませんか?

大切なのは、バランスです。

 

後悔3「思い切って自分の気持ちを伝えればよかった」

あなたは大切な人にちゃんと自分の気持ちを伝えていますか?

 

「いつもありがとう」

「心配かけてごめんね」

「好きだよ」

 

かっこつけ
言わなくても分かるでしょ?

ではなく、ちゃんと言葉で伝えないと分からないこともたくさんあります。

 

大切にしている人たちがいなくなってからじゃ遅いんです。

今、勇気を振り絞って自分の気持ちを伝えるべきなんです。

 

後悔4「友人と連絡を取り続ければよかった」

あなたには疎遠になってしまって、全然連絡を取っていない友人はいませんか?

 

友人は不思議なものです。

家族や恋人にも話せないことを、気兼ねなく話せてしまいます。

 

「子どもの頃は毎日のように一緒に遊んでいたけど、大人になってから全然連絡をとってない」という友人が誰しも1人や2人はいるはずです。

 

大人になるにつれて、付き合う人や人との付き合い方も変わってきます。

でも、昔からの友人はあなたのありのままを受入れてくれます。

 

そんな友人を大人になってから作るのは困難です。

大切な友人とは、ずっと連絡を取り合うべきです。

 

後悔5「幸せをあきらめなければよかった」

あなたは自分を卑下して、「自分には幸せになる資格がない」って考えていませんか?

 

あなたには幸せになる権利があります。

 

毎日、深夜まで残業で心身ともに本当につらい

 

そんな仕事やめればいいじゃないですか!あなたに合った仕事は必ずあるはずです。

 

パートナーからのDVが酷い

別れればいいじゃないですか。

逃げると報復が怖いかもしれませんが、必ず方法があるはずです。

 

「簡単に言うなよ!」って思うかもしれませんが、どうして「自分には無理だ」って決めつけてしまうのでしょうか?

 

 

あなたが幸せになる方法は必ずあります!

 

最後に

スティーブ・ジョブスさんの名言に

「死」は生命にとって唯一にして最高の発明だ

という言葉があります。

 

人はついつい目に見えない”時間”が永遠にあるように思ってしまいますが、それは幻想です。

でも、有限だからこそ、今を大切に生きられるのではないでしょうか?

 

ジョブズ氏は17歳のときに“毎日をそれが人生最後の一日だと思って生きれば、その通りになる”という言葉にどこかで出会ったそうです。

それは彼にとって印象に残る言葉で、その日を境に33年間、彼は毎朝、鏡に映る自分にこう問いかけるようにしていたそうです。

 

「もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか?」

もし「違う」という答えが何日も続くなら、少し生き方を見直さなければいけないということです

 

あなたはどうですか?

自信を持って「はい!」と答えられますか?

 

あわせて読みたい

幸せになれるお金の使い方!自分のためより他人のために使うメリット

死を想うと人に親切になる!?

 

参考文献

 

▼このブログを応援する▼

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です