「こんなリーダーの下で働きたい!」リーダーにとって必要な資質とは

tk-hammonds-qJDkJRTedNw-unsplash

「こんなリーダーについて行きたい!」

そう思ってもらえるリーダーって一体どんなリーダーなのでしょうか?

 

僕が大好きなマンガ「宇宙兄弟」で主人公の南波六太が理想的なリーダー像についてこんなことを言っていました。

 

「リーダーというのは、安心と興奮を同時にくれるもの」

 

さすが六太、良いことを言ってくれます。

 

リーダーがチームに「興奮」を与えることで、チームのメンバーは

「よし!やってやるぞ!目標を達成するんだ!」

とやる気が出てきて、チームが成長していきます。

 

それではもう一方の「安心」とはどういうことなのでしょうか?

 

「安心」についてはTEDトークで作家・マーケティングコンサルタントという肩書きのサイモン・シニック氏が素晴らしいことを言っていたので、それをこの記事でご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

リーダーにとって必要な資質とは?

リーダーに必要な資質についてお話する前に、2009年に9月8日に議会名誉勲章を受章したウィリアム・スウェンソン大尉の話をしたいと思います。

 

アフガニスタン政府高官が地元の長老と話し合いをするため、アメリカ軍とアフガニスタン軍がアフガニスタンの地域をアフガニスタン政府高官の方を護衛しながら、移動していました。

すると、部隊は待ち伏せに遭い、3方向から攻撃を受けるというかなり危険な状況に追い込まれました。

スウェンソン大尉は銃弾の飛び交う中、負傷兵を救い出し、命を落としてしまった兵士の遺体を持ち帰ったことで議会名誉勲章を受章しました。

 

スウェンソン大尉と一緒に行動していた衛生兵のヘルメットにたまたまGoProがついており、スウェンソン大尉の行動を撮影していました。

スウェンソン大尉は首を負傷した兵士をそっと横たわらせ、その兵士の頭にキスをして、再び銃弾が飛び交う死地へ負傷兵を救出しに向かいました。

 

なぜスウェンソン大尉は自分の命を危険に晒して、ヒーローのような行動がとれたのでしょうか?

 

TEDトークで話していたサイモン・シニック氏は最初、スウェンソン大尉が「良い人」だから、奉仕の精神が大切な軍隊に入ったのだと考えました。

 

しかし、それは間違っていました。

 

サイモン・シニック氏は大切なのは環境だと気づいたのです。

 

環境さえ整えれば、誰もがスウェンソン大尉のような素晴らしい行動がとれる資質があるのです。

 

優れたリーダーたちが口をそろえて言ったこと

サイモン・シニック氏はスウェンソン大尉など優れたリーダーにインタビューをする機会があったそうです。

そして、サイモン氏は彼らに「なぜそんな素晴らしい行動がとれるのか?」と尋ねました。

すると、誰もが口をそろえてこう言ったそうです。

 

「他の人も自分のために同じことをしたでしょう」

 

この言葉には絶大なチームへの信頼と協力の感情が入ってます。

 

「信頼」や「協力」は気持ちなので、

「俺はリーダーなんだから信頼しろ!」

「俺に協力しろ!」

と言ってもチームのメンバーの心は動かせません。

 

では「信頼」と「協力」はどうやって生まれるのでしょうか?

それを説明するのに、狩猟採集時代の話を少しします。

 

狩猟採集時代は危険で一杯だった

人間が槍や石の斧を持って動物を追いかけていた狩猟採集時代は様々な物が人間の命を奪いに来ました。

 

  • 食料不足
  • 大自然の脅威
  • 猛獣
  • 毒がある生物

 

現代はこれらの脅威に対して対処方法がありますが、当時は常に命を落とす危険と隣り合わせでした。

 

そこで当時の人たちは生き残る確率を上げるために、「信頼の輪」を作り上げました。

「信頼の輪」とは、自分の命を預けられる人たちで構成された集団です。

 

この「信頼の輪」を作り上げたことでようやく「安心感」を手に入れました。

 

マインドパレッサー
オオカミが遠吠えをしている中でも、「あいつが見張りをしてくれてるから大丈夫だ」と眠ることが出来た訳ですね。

 

この「安心感」がある環境では、自然に「信頼」と「協力」が生まれます。

 

安心感がない航空会社の人

現代は食料不足や猛獣によって命を落とすリスクは減りましたが、心理的な安心感は狩猟採集時代よりも少ないように感じられます。

 

サイモン氏が空港でこんな場面に遭遇したそうです。

空港で航空会社の人が飛行機内でスムーズに着席してもらうために、ブロック毎に搭乗手続きをしていました。

そんな中、ある乗客がまだ自分の席のブロックではないのに、搭乗手続きをしようとしました。

すると、搭乗ゲートの人がまるでその人が犯罪者であるかのように激しく怒鳴りつけました。

その後、サイモン氏がそのゲート係に「あんな言い方をしなくても良かったんじゃないの?」と言いました。

そのゲート係は「規則通りに行わないと、私が責められて仕事を失いかねませんから!」と言ったそうです。

 

そのゲート係はから伝わってくるのは所属している会社やリーダーに対する「不安」だけで「安心感」はありません。

もしそのゲート係が会社やリーダーに対して「安心感」を持っていたなら、間違っても怒鳴りつけたりはしなかったはずです。

 

マインドパレッサー
優れたリーダーはメンバーに「安心」を与えることで、メンバーは「信頼」と「協力」という固い絆で結ばれ、素晴らしいパフォーマンスを発揮するんですね。

 

▼あわせて読みたい▼

モチベーションをアップさせる方法とは?内容理論と過程理論を簡単に解説

ギバー・テイカー・マッチャー。世の中で最も成功している人は?

 

参考

サイモン・シネック: なぜ優れたリーダーの元では安心を感じられるのか

▼このブログを応援する▼

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です